20代の婚約指輪の相場傾向について

「婚約指輪の相場は給料3ヶ月分」という言葉をよく耳にしませんか?

実際には、大まかな婚約指輪の相場は「35~40万円」と言われています。
現代の年収に換算して考えると、「年収の8%」が婚約指輪の相場の水準として相応しいでしょう。

もちろん年収の相場は、世代や個人によって、
20代前半、20代後半、30代前半、30代後半…とでは大きく異なります。

そんな中、20代のあなたの婚約指輪の相場について、
イマドキの知っておきたい婚約指輪のおすすめ情報と一緒に紹介します。

ではさっそく、20代前半の方と20代後半の方の年収の相場と、実際に婚約指輪を購入した価格の相場をみていきましょう。

相場はいくら?【20代前半・20代後半】

「平成27年国勢調査」によると、20代前半から20代後半にかけて「4人に1人」が結婚しており、共働き世代が多いことがわかります。
20代で結婚している人の割合は?年収や共働き率は?| BRAVE ANSWER
ここでは、20代前半・20代後半の平均年収と婚約指輪の平均相場について紹介します。

20代前半の購入価格の相場は約20万円

年収相場:265万円
購入価格相場:約20万円

20代前半の方まだ年収も低いですし、学生の方もいらっしゃるでしょう。
「正直婚約指輪にはそんなに予算はかけられない~」という方もいるのでは?
そんな20代前半の方の婚約指輪の購入価格の相場はおよそ20万円。
10~20万円で婚約指輪を購入できれば立派なものです。

20代後半の購入価格の相場は約30万円

年収相場:378万円
購入価格相場:約30万円

20代前半とは年収も大幅に伸び、婚約指輪の平均購入価格もアップ。
日本の結婚平均年齢を考えても、20代後半で婚約指輪の購入を検討される方が一番多いため、20代後半の婚約指輪の購入価格の相場は全体の相場に近くなっています。

婚約指輪で選ばれる購入方法は?

20代では「既製品」を購入する人が多い

2015年のゼクシィの結婚トレンド調査によると、婚約指輪の購入方法の種類は、20代の場合「既製品」が最も多く、61.8%でした。
婚約指輪の購入法には、既製品、セミオーダー、フルオーダーの3つがあります。

既製品とは、既に完成されたデザインの中から気に入ったデザインを選びます。
セミオーダーとは、フルオーダーと既製品の良いとこ取りをしたイメージで、婚約指輪をどちらにしようか迷っている方にはおすすめです。
フルオーダーは、一から全て自分たちの好きなようにデザインします。

既製品のメリットとは

婚約指輪の既製品を選ぶメリットとしては、大きく3つあります。
1つは、人気ブランドの人気デザインを手に入れることができる点です。
2つ目は、セミオーダーやフルオーダーに比べて、注文してから手に入るまでの期間が短い点です。
3つ目は、オーダーする場合よりも価格を抑えられる点です。

既製品のデメリットとは

一方で婚約指輪の既製品を選ぶデメリットもあります。
既製品では気に入った婚約指輪のデザインが見つかっても、自分たちに合うサイズがなければ、サイズ直しをしてもらうか、購入自体を諦めなければいけません。

彼女が同じ年代で20代の場合、好むブランドやデザインを重視して既製品を購入するのがおすすめです。
その際、婚約指輪のサイズ展開には注意しましょう。

ダイヤモンドのカラット数は「0.2カラット未満」でもOK

2015年のゼクシィの結婚トレンド調査によると、全体での婚約指輪の平均の購入カラット数は「0.3カラット~0.4カラット未満」が最も多く33%、「0.2カラット~0.3カラット未満」が29%でした。

20代になると、「0.2カラット~0.3カラット未満」が29.0%で最も多く、「0.2カラット~0.3カラット未満」が22.6%でした。
ダイヤモンドは0.1カラット上がるごとに、値段の相場は約10万円上がります。

0.2カラット未満のダイヤモンドでも、20代であれば婚約指輪のダイヤモンドとしては一般的であることがわかります。

20代の相場におすすめなブランド紹介

では、20代の婚約指輪の相場に相当する価格帯のおすすめのブランドを紹介します。

ティファニー

「ティファニー」と言えば、数々の婚約指輪の人気ブランドランキングで不動の1位を誇る超人気ブランド。
価格帯も高いのでは?
と思う方もいらっしゃるでしょう。

たしかに、ティファニーは世界5代ジュエラーの1つであり、相場は40万円~90万円。
しかし、安いものでは20万円ほどで購入することができます。
自分たちの予算に合わせたダイヤのクオリティ・カット・カラーを選択し、価格を調整することで、お手頃なお値段で婚約指輪の購入が可能なのです。

4℃(ヨンドシー)

主に20代に人気の定番ブランド「4℃(ヨンドシー)」。
全体の人気ブランドランキングでも1位、2位を争う人気ぶりです。

ファッションジュエリーでも有名なため、普段から4℃のアクセサリーを愛用している女性には喜ばれること間違いなしです!
また、ディズニーとのコラボ商品もあり、ディズニー好きの彼女にとっては憧れのブランドでしょう。

4℃の平均相場は「30万円前後」ですが、お手頃なものだと約16万円から購入することができます。

スタージュエリー

「スタージュエリー」も若い女性向けのファッションジュエリーブランドとしても有名なブランドです。
あまり聞いたことないブランドかもしれませんが、実は創業70周年と国内でも屈指の老舗ジュエリーブランドなんです。
価格は、安いものでは105,000円~とリーズナブルです。

なんとスタアジュエリーは、ピアスやピンキーリングなどを日本で初めて販売したブランド。
今では、ロマンチックで可愛らしいデザインから、オシャレで大人っぽいデザインまで幅広いデザインが若い女性に人気を集めています。

【まとめ】相場にこだわりすぎない婚約指輪選びを

いかがでしょうか?

20代が同世代に贈る婚約指輪は、価格や品質にこだわりを持ったものよりも、ブランドやデザインの可愛らしさを重視した婚約指輪が選ばれている印象でした。
20代で20~30万円の婚約指輪を購入できたら立派なものです。

しかし、相場にこだわりすぎる必要はありません。
渡す演出などを工夫したり、気持ちを込めて選んだ指輪は、きっと彼女のお気に入りの婚約指輪になるでしょう。

□20代前半の購入価格の相場は約20万円
□20代後半の購入価格の相場は約30万円
□20代の婚約指輪の相場は全体の婚約指輪の相場より5~10万円低い
□20代では約6割の人が「既製品」の婚約指輪
□20代ではダイヤモンドの大きさは「0.2カラット未満」も多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る